本文へ移動

米ツアー4勝目の畑岡奈紗が五輪について激白「やっぱりウサイン・ボルト」「犬が2匹待っているので、会えるのが楽しみ」

2021年7月12日 13時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
畑岡奈紗(AP)

畑岡奈紗(AP)

 ◇11日 米女子ゴルフ マラソン・クラシック最終日=悪天候で中止(米オハイオ州、ハイランドメドーズGC)
 米女子ツアーのマラソン・クラシックは11日、当地のハイランドメドーズGCで最終日を行う予定だったが、悪天候のため中止、第3Rまでの54ホール短縮競技になった。前日終えて首位だった東京五輪女子ゴルフ日本代表の畑岡奈紗(22)=アビームコンサルティング=が優勝した。米ツアー今季初優勝、2年ぶり通算4勝目。米女子ツアー4勝は小林浩美(現JLPGA会長)に並ぶ日本勢3番目。同五輪にフィリピン代表として出場する笹生優花(20)=ICTSI=は通算11アンダーで5位だった。最高の状態で東京五輪を迎える畑岡が、4週後に向けた心境を語った。
  ◇  ◇  ◇
 ―エビアン選手権を休んで五輪に集中する
 畑岡「エビアンに関しては、本当に迷った。でも、五輪はずっと目標でもあったので。すごく難しい決断ではあったけれど、一度日本に帰って準備したい。去年勝てなくて、少し自信がなくなっていた部分もあったが、五輪前のタイミングでまた勝つことができたのは自信になる。代表になれなかった選手の分もしっかり闘わないといけない。金メダルを目指して頑張る」
 ―五輪を意識したのはいつから
 「中学のときは陸上競技をやっていた。五輪というと陸上は花形。でも、自分が陸上の選手として五輪に出ることはまったく考えられなかった。しかし、ゴルフがリオ五輪で復活して、しかも東京に決まった。リオで韓国の朴仁妃(パク・インビ)が優勝を決めたのをテレビで見ていた。自分でも東京ではチャンスをつかみたいと思った。だから5年はたってますね」
 ―畑岡選手にとって五輪の印象は
 「やっぱりウサイン・ボルト(ジャマイカ)! あとは北京五輪の男子のリレー。3位になったんですよね」
 ゴルフ会場の霞ケ関(埼玉)で練習ラウンドは
 「行きました。コースはジュニアのときから回らせてもらえる機会があったが、がらっと五輪仕様に変わっていた。日本の独特のコースの雰囲気、木の高さも残りつつ、ちょっと海外っぽい感じもある」
 ―日本に帰るのは楽しみ?
 「家族も待っていてくれる。外には出かけられないから家で今回の優勝のお祝いができたら。犬が2匹待っているので、会えるのが楽しみ」

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ