本文へ移動

韓国戦に続き…石川また守備のミスで失点 「自分が思った以上に引きずっていた」

2019年9月7日 23時27分

このエントリーをはてなブックマークに追加

◇7日 U-18W杯2次リーグ 豪州4-1日本

 全試合で4番を打った石川(東邦)は、1回に内野ゴロの間に1打点を挙げたが、4打数無安打で最終戦を終えた。前夜の韓国戦は自身の悪送球から8回に同点に追い付かれ、逆転サヨナラ負け。この日も捕球ミスが失点につながり、「自分が思った以上に引きずっていた。一番悪い負け方」と厳しい表情を見せた。だが、大会を通しては打率3割3分3厘、1本塁打、チームトップタイの9打点をマークするなど、バットで大きく貢献。帰国後に、プロ志望届を提出する予定だ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ