本文へ移動

台風15号の余波は本紙・小原記者も直撃 侍ジャパン高校代表を取材しようにも…

2019年9月9日 21時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
運休を告げる日暮里駅のボード

運休を告げる日暮里駅のボード

 9日に成田空港に帰国する予定の侍ジャパン高校代表を取材しようとした記者だったが、台風15号の影響をもろに受けた。午後2時過ぎに京成電鉄の日暮里駅に着いて、外国人らと待つこと30分余り。スカイライナーの出発時刻の2時25分になっても列が動かない。「?」。荷物を置いて、先頭まで行ってみると、空港第2ビル手前の倒木などで、津田沼より先は、なんと運休…。
 JRも空港バスも運休となって、残された交通手段はタクシーのみ。だが、津田沼駅まで行って力が抜けた。タクシー待ちは1時間や2時間では済まなかった。その後、侍ジャパンを統括するNPBエンタープライズは、午後4時50分に成田空港での記者会見を行わず、囲み取材のみをすると発表。ぐったりして帰ってくる高校生たちの囲み取材も勘弁してあげたいなと思っていると、午後8時前に「囲み取材もなくなった」との連絡があった。
 結局、成田行きをあきらめた記者だが、その後、侍ジャパン高校代表を乗せるはずだった便は欠航に。タクシーに乗らなくて正解ではあったが、釜山の空港で待たされた高校生たちは気の毒で。(小原栄二・アマ野球担当)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ