本文へ移動

夏の甲子園出場の敦賀気比・木下、高岡商・堀の両外野手らがプロ志望届提出

2019年9月9日 22時40分

このエントリーをはてなブックマークに追加
プロ志望届を提出した敦賀気比の木下

プロ志望届を提出した敦賀気比の木下

 日本高野連は9日、連盟ホームページの「プロ野球志望届提出者一覧」を更新。今夏の甲子園大会で3回戦に進んだ敦賀気比(福井)の木下元秀外野手や高岡商(富山)の堀裕貴外野手、今春のセンバツ大会に出場した日章学園(宮崎)の平野大和外野手ら5人が加わり計31人となった。全日本大学野球連盟も名簿を更新。名大の最速148キロ左腕・松田亘哲投手、2年連続で全日本大学野球選手権に出場した宮崎産業経営大の右腕・杉尾剛史投手ら5人を追加し、提出者は計8人となった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ