本文へ移動

東邦・石川、日大三・井上らドラフト上位候補続々 プロ志望届提出

2019年9月20日 20時37分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本高野連は20日、連盟ホームページ上に掲載している「プロ野球志望届提出者一覧」を更新。今春センバツで優勝した東邦(愛知)の石川昂弥内野手、今夏の甲子園で優勝した履正社(大阪)の井上広大外野手、日大三(東京)の井上広輝投手、花咲徳栄(埼玉)の韮沢雄也内野手ら9人が新たに提出し、計89人となった。また、全日本大学野球連盟も名簿を更新し、福岡大の宮田輝星外野手(出水中央)ら2人が新たに加わり、計56人となった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ