本文へ移動

【中日】守護神R・マルティネス打たれ…今季初の同一カード3連勝消えた DeNAとドロー

2021年7月11日 17時06分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6回裏、3ランを放ったビシエドを迎える根尾(左)と京田

6回裏、3ランを放ったビシエドを迎える根尾(左)と京田

 ◇11日 中日5―5DeNA(9回規定により引き分け、バンテリンドームナゴヤ)
 今季初の同一カード3連勝は目前で消えた…。中日は中盤に打線が5得点する逆転劇でリードを奪ったが、1点リードの9回2死から追い付かれ、今季12度目の引き分けに終わった。
 一気に畳み掛けた。0―1の6回、2四球と送りバントで1死一、二塁、ここで京田は一ゴロに倒れたが、DeNAの一塁手・ソトの二塁送球エラーの間に同点に追い付いた。さらに1死満塁から大島の左犠飛で勝ち越し。なお2死一、二塁でビシエドが左中間3点弾をたたき込み、リードを広げた。ビシエドは「追い込まれたけどミスピッチをしっかりとらえられたよ」と声を弾ませた。
 先発・勝野は、0―1の6回無死満塁を無失点で切り抜けるなど6イニング6安打1失点。ただ、8回に福が3失点、9回には4連投のR・マルティネスが1失点するなど逃げ切れなかった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ