本文へ移動

豊川が3位で東海大会出場 サヨナラで決めた、6年ぶり

2019年9月28日 13時18分

このエントリーをはてなブックマークに追加
サヨナラ打を放ち、仲間と抱き合って喜ぶ豊川の杉浦大斗捕手(中央左)

サヨナラ打を放ち、仲間と抱き合って喜ぶ豊川の杉浦大斗捕手(中央左)

 秋季高校野球愛知県大会の3位決定戦が28日、愛知県岡崎市の岡崎市民球場であり、豊川が延長10回、1ー0で豊橋中央にサヨナラ勝ちし、6年ぶりとなる東海大会出場を決めた。
 両校無得点で迎えた10回は、1死から6番・小林が三塁前へのバント安打で出塁。4回以来の走者を送りバントで二塁に進め、8番・杉浦が初球を左中間に弾き返した。
 捕手としても、エース左腕・米庄を10イニング7安打完封に導くなど、攻守で勝利に貢献した杉浦は「米庄が頑張っていたので、絶対決めるつもりだった」と胸を張った。
 東海大会は前回出場した2013年に準優勝。14年のセンバツに初出場し、4強まで勝ち上がった。「チームのまとまりはよく似ている」と今井監督。6年前の再現を狙う。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ