本文へ移動

プロ志望届提出の大船渡・佐々木「12球団どこでも行きます」すでに6球団が面談申し込み

2019年10月2日 18時27分

このエントリーをはてなブックマークに追加
プロ志望届を提出後、会見に臨む大船渡の佐々木朗希投手

プロ志望届を提出後、会見に臨む大船渡の佐々木朗希投手

 高校最速の163キロ右腕で大船渡高の佐々木朗希投手(3年)が2日、岩手県大船渡市内で会見し、プロ志望届を提出したと発表した。「きょうプロ志望届を受理していただきました。子どもたちに夢と希望を与えられる選手になりたい。12球団どこでも行きます」と思いを語った。学校関係者が志望届を1日に岩手県高野連に提出、日本高野連がホームページで2日に公示した。日本ハムは1位入札をすでに公言している。これでNPB球団スカウトの面談が可能になる。6球団程度がすでに申し込んでいるという。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ