本文へ移動

「みなとオアシス」に新居弁天一帯を登録 国交省

2021年7月11日 05時00分 (7月11日 05時03分更新)
みなとオアシスの中核となる海湖館=湖西市新居町で

みなとオアシスの中核となる海湖館=湖西市新居町で

 湖西市新居町と浜松市西区舞阪町にまたがる浜名港の周辺施設が十日、国土交通省の「みなとオアシス浜名湖」として登録された。観光と情報発信の拠点として整備し、さらなるにぎわいにつなげる。
 みなとオアシスは港湾を核にした住民参加の継続的なまちづくりを認定する制度。国内百四十九カ所目、県内では六カ所目の登録になる。
 浜名港の構成施設は九つ。湖西市営の体験型観光施設「今切体験の里 海湖館」を中心に、新居弁天海水浴場、新居関所(いずれも湖西市新居町)、ウオット(浜松市西区)などが含まれる。
 中核となる湖西市の新居弁天地区では、温泉水を使った夏季限定のプール施設「新居弁天わんぱくランド」が老朽化により閉園。一帯を通年でレジャーを楽しめる場所にしようと、市は効果的な活用計画につながる意見を民間から募っている。 (鈴木太郎)

関連キーワード

PR情報