本文へ移動

【中日】又吉 12戦連続無失点も謙虚に反省 被安打1に「しっかり攻めた投球をしたいです」

2021年7月10日 22時13分

このエントリーをはてなブックマークに追加
8回表に登板した又吉

8回表に登板した又吉

◇10日 中日6―2DeNA(バンテリンドームナゴヤ)
 又吉がDeNA打線の中軸を3人で抑え、1イニングを無失点。スコアが6―2の8回、先頭の佐野に2ボール1ストライクから中前打を打たれたが、オースティンを空振り三振で1死。宮崎を5球目のカットボールで投ゴロ併殺に仕留めた。「先頭バッターのカウントを不利にしてしまったのが反省です。長打のあるバッターが多く、ランナーを出すと複数失点につながるので、先頭バッターからしっかり攻めた投球をしていきたいです」。12戦連続無失点としても、普段通りの「反省コメント」を貫いた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ