本文へ移動

【楽天】移籍の炭谷と8年ぶりバッテリー組んだ涌井3回6失点KO 古巣西武に完敗

2021年7月10日 19時58分

このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天・涌井

楽天・涌井

◇10日 楽天2―6西武(楽天生命パーク)
 コンビ復活も実を結ばなかった。楽天の先発・涌井が、巨人から移籍した炭谷と西武時代の2013年8月13日のソフトバンク戦(西武ドーム)以来8年ぶりにバッテリーを組んだ。しかし、3イニングで7安打を浴び、6失点KO。古巣の西武に完敗した。
 炭谷は涌井の持ち味を引き出そうと苦心のリードを試みたが、この日は制球難。涌井が19歳、炭谷が18歳の06年、10代バッテリーとして話題を呼んだが、今や涌井が35歳、炭谷も33歳。“復刻30代バッテリー”の勝利は次戦以降にお預けとなった。
 石井監督は「今日は誰がキャッチャーとか、バッテリーというのは無関係。涌井自身の内容が悪すぎた」と出来の悪さを指摘。「全体的に質が悪かった。やられるときが多いのでしっかり調整してもらいたいなと思います」と修正を求めた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ