本文へ移動

中日2番手の谷元、1球も投げずに緊急降板 投球練習中に自ら体調不良を訴えベンチへ下がる

2021年7月10日 16時39分

このエントリーをはてなブックマークに追加
7回表、谷元の登板を伝えるボードだったが…

7回表、谷元の登板を伝えるボードだったが…

◇10日 中日―DeNA(バンテリンドームナゴヤ)
 中日の谷元圭介投手(36)が、7回に2番手としてマウンドに上がったが、投球練習中に右手を挙げて合図を出し険しい表情で、1塁ベンチへ下がった。
 その後、杉永球審から「体調不良のため」と場内に説明アナウンスがあり、投球せずに祖父江に途中交代。谷元は今季ここまで、32試合に登板して1勝1敗15ホールドで防御率2・01だった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ