本文へ移動

プロ注目の中京大中京高・中山が右中間を破る勝ち越し三塁打「やっと勝負強さを発揮できた」と安堵

2019年11月20日 23時58分

このエントリーをはてなブックマークに追加
右越えに適時三塁打を放つ中山

右越えに適時三塁打を放つ中山

◇20日 明治神宮野球大会決勝 中京大中京4―3健大高崎(神宮)
 ようやく本領を発揮した。中京大中京は、今大会不調だった主軸2人が流れを引き寄せた。
 前チームから1番を打つリードオフマンの西村が、1回に中前打で出塁し、二盗に成功。相手の暴投、捕逸で、1人で先制のホームを踏んだ。さらに3回は9番・村上、西村の連打で作った好機で、今大会無安打だったプロ注目の3番・中山が右中間を破る勝ち越し三塁打。三塁ベース上で腕を突き上げた中山は「やっと勝負強さを発揮できた」と安堵(あんど)した。
 1安打1打点の4番・印出主将は「春夏連覇して、歴史に残る代にしたい」と誓った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ