本文へ移動

内野ゴロ 一塁への走塁正しい走り方は!?

2021年7月10日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 【質問】中学で、一塁へ走るときはラインの外側を通ってベースの右手前の角を踏めと言われました。小学校で教わったのとは違います。正しい走り方を教えてください。 (川崎市中原区 N君=中1)
 【答え】内野ゴロを打って一塁に走るときはラインの外側を走ってベースの真ん中の手前を左足で踏むのが正解です。サードなどへのゴロの場合は少しはラインの内側を走っても構いませんが、投手や捕手が打球を処理したときは、送球の妨げになると判断されるとアウトになってしまうので注意してください。打ったらすぐにラインの外へ出てスリーフットラインの中を走れば守備の邪魔になっても問題はありません。できるだけ外側を走る習慣をつけましょう。
 ベースの角を踏むのはいけません。一塁手と接触しないようにするのにはいいのでしょうが、踏み損ねて捻挫したりすることがあります。駆け抜けたときにはラインから遠くなって、送球がそれても二塁を狙えません。校庭や公園など移動ベースの場合は、特にベースの真ん中を踏んでください。左足で踏むのも理由があります。右足で踏むと、一塁手とちょっと接触しただけでもひっくり返されますが、左足で踏めば右足で踏ん張ることができます。真っすぐに走り抜けた後はボールから目を離さないで左回りで一塁へ戻りましょう。ラインの内側に入っても二塁へ走るしぐさをしなければ全く問題はありません。 (慶大野球部元監督)
 【水、土曜日連載】
◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。
〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ