本文へ移動

新型コロナ対応『次の注目』はセンバツ 「19日開幕」方針も…日本高野連は4日に協議

2020年3月1日 19時09分

このエントリーをはてなブックマークに追加
昨年の開会式

昨年の開会式

大相撲も『無観客場所』決定…

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国内の主要スポーツは次々と中止や延期、無観客試合での実施などの対応を迫られている。その中で注目を集めているのが、1日時点では「19日開幕」の方針を変更していない第92回センバツ高校野球(甲子園)だ。
 サッカーのJリーグが15日までの全94試合の中止と延期を2月25日に決めると、その翌日には政府が「大規模イベントの自粛」を要請。この異例の大号令を受け、プロ野球は15日までの残りオープン戦72試合を無観客で行うことを決定。この日の東京マラソンは公道を走るレースという競技の特殊性も踏まえ、沿道での観戦を自粛することをファンにお願い。大相撲の春場所(8日初日・エディオンアリーナ大阪)も戦時中の1945年以来となる『無観客場所』となることが決まった。
 そうした中で結論を先延ばしして状況を注視しているのが、日本高校野球連盟だ。安倍晋三首相が2月27日に全国の小中高校に「休校要請」する意向を表明。出場する32校の中には練習試合自粛など大会に向けた準備に制限がかかった高校もあり、各校の調整に『格差』が生じることは必至。さらに、アルプススタンドでの全校応援も感染拡大のリスクは避けられない。日本高野連の小倉好正事務局長は「情報をさらに収集する」との考えを示しており、4日の運営委員会での議論の行方に注目が集まっている。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ