本文へ移動

珠城りょう「5年間、温かい気持ちをありがとう」 宝塚退団公演10日開幕

2021年7月9日 18時36分

このエントリーをはてなブックマークに追加
自身の退団公演の開幕を前に、熱演する珠城りょう(左)と美園さくら

自身の退団公演の開幕を前に、熱演する珠城りょう(左)と美園さくら

 宝塚歌劇月組のトップスター・珠城りょうが9日、東京・有楽町の東京宝塚劇場で、退団公演初日を翌日に控え舞台稽古を行った。
 2016年から月組トップとして観客を魅了してきた珠城のサヨナラ公演は「桜嵐記(おうらんき)」と「Dream Chaser」の2本立て。南北朝時代の動乱期に南朝についた武士、楠木正行を珠城が、この公演で同じく退団する相手役・美園さくらが弁内侍を演じる。
 稽古を終え、珠城は「ようやく明日、初日を迎えられるということで、とてもホッとしております。油断のならない状況が続きますが出演者一同、心を一つに頑張ってまいります。約5年間、たくさん、温かい気持ちを注いでくださり本当にありがとうございました。明日からまた頑張ってまいりたいと思います」と力を込めた。公演は同劇場で8月15日まで。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ