本文へ移動

センバツ無観客なら約3億3000万円の収入が失われる!? 昨年の支出は約2億4000万円だから大幅赤字に

2020年3月4日 21時53分

このエントリーをはてなブックマークに追加
甲子園球場

甲子園球場

 日本高野連は4日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて大阪市内で臨時理事会を開き、19日開幕予定の第92回センバツ大会(甲子園球場)を無観客で開催する準備を進めることを決めた。
 センバツ大会が「無観客試合」で開催された場合、約3億3000万円の収入を失うことになりそうだ。昨年の第91回センバツ高校野球大会の収支決算によると、収入は入場料3億2828万1435円と物品販売等収入394万7949円の合計3億3222万9384円。
 支出は大会準備費、出場選手費、大会役員関係費、大会費、物品販売等製作費、本部運営費に少年野球振興助成金、日本学生野球協会助成金、全国高校軟式野球選手権助成金、日本中学校体育連盟助成金を含めて2億4148万8313円。差引剰余金は、9074万1071円だった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ