本文へ移動

5度目正直 ゴルフプロ 野々市出身・平井さん合格

2021年7月9日 05時00分 (7月9日 10時48分更新)
「地元に活躍を見せたい」と話す平井亜実さん=野々市市役所で

「地元に活躍を見せたい」と話す平井亜実さん=野々市市役所で

 野々市市中林出身の平井亜実さん(24)が、六月にゴルフのプロテストに合格した。十一歳でプロを志し、高校卒業後に五度挑戦してつかんだ夢。八日、市役所を訪れ、市内で生まれ育った初のプロゴルファーとして活躍することを誓った。
 平井さんは父親の影響で十歳の時にゴルフを始めた。野々市中学校から福井工業大付属福井高校(福井市)に進学。卒業後は年に一度のプロテストに挑戦し続け、六月に茨城県で開催された自身五度目のプロテストで十一位タイに入り、合格した。
 飛距離が武器で、自らを「勝負師」と例えるほど負けず嫌いな性格。普段はあえて闘志を表に出さないが、プロ入りが決まったときは「さすがに泣いた。すごいうれしくて」。浦大輔コーチの下で、技術と精神を磨き続けた五年間が結実した。
 市役所には父親の邦男さん(57)、ゴルフを始めた当初から見守る堀田(ほった)慎吾コーチ(86)とともに訪問。平井さんは山口良副市長らに「やっと合格できた。地元に活躍を見せたい」と意気込みを見せた。堀田コーチは「雨の日も風の日も練習を続けた努力が、今の平井亜実を育て上げた」とたたえた。
 平井さんは、プロとしての目標を「来年のレギュラーツアーで県勢初の優勝を収めること」と笑顔で語った。(都沙羅)

関連キーワード

おすすめ情報