本文へ移動

横浜高の新監督にOB村田浩明さん、涌井と組んで04年夏の甲子園8強 恩師の渡辺元監督も「適任」太鼓判

2020年4月1日 21時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
高校時代の村田浩明さん

高校時代の村田浩明さん

 春夏の甲子園で5度優勝の横浜は1日、野球部の新監督にOBの村田浩明さん(33)が就任したと発表した。主将だった2004年夏の甲子園では、涌井秀章投手(楽天)らの女房役で8強入り。神奈川県立白山の監督(3月末で退任)として夏の同県大会で8強入りもさせた指導力に期待がかかる。
 横浜は昨年9月に、部員への暴力などで平田徹前監督(36)が解任された。野球部長は、葛蔵造校長(63)が引き続き兼務、高山大輝監督代行(29)はコーチとなる。麻布大付などで指導してきた関根剛さん(29)もコーチに加わる。
 村田新監督は1日付で保健体育科教諭として着任。ミーティングでは選手と顔も合わせた。「OBとして母校の窮地に役に立ちたいと思った。選手を見て、18年前に名門の扉をたたいたころの記憶がよみがえりました」。新型コロナウイルスの影響で野球部は2月下旬から活動を休止し3月26日に練習を再開。村田新監督は「今の3年生はあと3カ月、その人生を預かるのでしっかり向き合いたい。その先に結果がある」と力を込めた。恩師の渡辺元智(もとのり)元監督(75)は「白山での指導を見ても分かるが、強くするだけでなく、人間教育もしている。適任だと思う」とエールを送った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ