本文へ移動

ブルージェイズ合意の山口俊は先発5番手争い 米メディアが特集でズバリ予想

2019年12月19日 14時45分

このエントリーをはてなブックマークに追加
山口俊

山口俊

 ブルージェイズは巨人からポスティングシステム(入札制度)を利用する山口俊投手(32)と2年総額約600万ドル(約6億6000万円)で契約に基本合意し、健康診断を経て近日中に正式発表される。米スポーツサイト、ジ・アスレチックは18日、新戦力の右腕を特集した。
 来年2月に迎えるメジャー初の春季キャンプについて、同サイトは「まずは先発5番手争いをするだろう。競争相手はソーントン、ボルッキー、ケイだ。(5人の)先発ローテに入れなければ、ショートもロングもこなすリリーフになれる。(先発も救援も経験した)柔軟な球歴は、ブルージェイズに選択肢を与えてくれる」と予想した。
 さらに「ブルージェイズがのどから手が出るほど欲しいエースではないが、先発投手の層は厚くなった。これ以降の補強に支障となる投資額でもない。コストもリスクも低い。先発投手で花開く可能性を秘めつつ、いざというときの予備案でもブルペンに入れる」と、あらためて役割の多様さを評価した。
 シャパイロ球団社長も17日、山口について「多様性が強みだ。リリーフとしても秀でている。チームに(投手配置の)柔軟性が生まれる」と語っている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ