本文へ移動

前阪神ジョンソンがパドレスと2年契約 「ジョンソンと(前中日)ロドリゲスが日本は本物の育成場所になったと示している」と米メディア

2019年12月24日 11時17分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 褒め言葉のつもりなのだろうが…。パドレスは23日、今季阪神でプレーしたピアース・ジョンソン投手(28)と2年総額500万ドル(約5億4500万円)で契約に合意した。3年目の2022年は球団の選択権も設定された。米スポーツ専門局ESPN(電子版)が報じた。
 「2019年は阪神で絶対的な存在だった。日本で本物の直球を見いだした。ジョンソンとジョエリー・ロドリゲスは、日本が本物の育成場所になったことを示している」と同局。今季まで中日で2年間プレーし、今月にレンジャーズと2年総額550万ドル(約6億円)で契約したロドリゲスも引き合いに出し、日本のファンにとっては微妙に複雑な論調で報じた。
 ジョンソンは12年ドラフトでカブスから1巡目(全体43番目)指名され、米スポーツサイトのMLBトレードルーモアズは「かつては有望株ランキング100に入ったこともあった。日本では異次元の成績をマーク。海外で活躍してメジャーに戻る多くの選手とは異なり、2年契約を手にするのにわずか1年しか要しなかった」と伝えた。
 今季は阪神でセットアッパーとして58試合に投げ、2勝3敗40ホールド、防御率1・38をマーク。夫人の出産に立ち会うため一時帰国し、クライマックスシリーズは登板がなかった。大リーグでは昨季まで2年間でリリーフとして計38試合に登板し、防御率5・44だった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ