本文へ移動

さんまに苦笑い吉岡里帆を大竹しのぶフォロー「うるさいってことですかね」とニヤリ

2021年7月7日 21時44分

このエントリーをはてなブックマークに追加
観客に手を振る大竹しのぶ(右)と吉岡里帆

観客に手を振る大竹しのぶ(右)と吉岡里帆

 女優の大竹しのぶ(63)が7日、東京都内で元夫の明石家さんま(66)が企画・プロデュースし、自身が主人公の声優を務めたアニメ映画「漁港の肉子ちゃん」(公開中)のトークイベントに女優の吉岡里帆(28)とともに出席した。
 直木賞作家・西加奈子さんのベストセラー小説をアニメ化した同作で、
大竹は主人公の肉子ちゃん、吉岡は肉子ちゃんが若かりしころの親友・みうの声優を担当した。
 今回のイベントにはさんまが出席しないとあって大竹は開口一番「きょうはプロデューサーの人がいないので、きちんとゆっくりお話しできると思います」と笑わせた。
 個別のアフレコの際も、ずっと立ち会ってアドバイスしたり、注文をつけたりしていたというさんま。司会者からどんな話が印象的だったかを問われた吉岡が「たくさんお話ししてくださって…」と言った後、言葉を選びながら「マイクが通っていなくてもしゃべるさんまさんが印象的でした」と苦笑すると、すかさず大竹が「うるさいってことですかね」と納得しながらニヤリと笑った。
 女性の成長物語を描く作品を、なぜさんまが映画化しようと考えたかについて、大竹は「そんなこと言われても…」と照れながら「昔から人を笑わせるのが好きで、一瞬でもいいから人を幸せにすることが好きだから」と推測していた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ