本文へ移動

【ACL】名古屋 最終節引き分け5勝1分け1次L1位

2021年7月7日 21時07分

このエントリーをはてなブックマークに追加
後半、先制点を挙げて喜ぶ前田(C)
2021 Asian Football Confederation

後半、先制点を挙げて喜ぶ前田(C) 2021 Asian Football Confederation

◇7日 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグG組 名古屋グランパス1―1浦項(タイ・バンコク)
 名古屋は最終節で浦項に引き分け、1次リーグ6試合を5勝1分けの1位で終えた。
 既に1次リーグ突破を決めていた名古屋はGK武田、DF藤井が今大会初先発。立ち上がりから、1次リーグ突破には勝利が必要な浦項に押し込まれる展開が続いたが、名古屋は一瞬の隙を突いてカウンターからチャンスをつくるなど応戦。前半は互いに決め手を欠いて0―0で終えた。
 後半に入って早々、試合が動く。後半6分、速攻からFW前田直輝(26)が今大会初ゴール。試合終盤は浦項の猛攻をしのいでいたが、後半43分にクリアミスを突かれて失点。土壇場で引き分けに持ち込まれた。
 中2日6連戦の過密日程、高温多湿のタイでの開催など、厳しい条件で行われた1次リーグの最終戦。「消化試合ではない」というフィッカデンティ監督の言葉通りに戦い抜き、6戦無敗で帰国の途に就くことになった。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ