本文へ移動

数球団が秋山翔吾争奪戦を展開中 有力レッズもまだまだ安心できず

2019年12月28日 11時36分

このエントリーをはてなブックマークに追加
秋山翔吾

秋山翔吾

 西武から海外FA権を行使してメジャー挑戦する秋山翔吾外野手(31)について、レッズが一歩リードと伝えられる中、現時点でも計4~5球団が獲得レースを繰り広げているようだ。米放送局MLBネットワークのヘイマン記者がツイッターで報じた。
 「今冬は一貫して補強にアグレッシブなレッズがショーゴ・アキヤマ外野手の有力候補とされるが、レッズは入札戦争で他に競争相手がいるようだ。ダイヤモンドバックス、パドレス、カブス、さらに可能性としてはブルージェイズも獲得に興味を持っていると考えられている」
 秋山は今月10~13日に米国のサンディエゴで開催されたウインターリーグで自ら現地入りし、レッズとともにDバックス、レイズ、カブスなど5球団前後と直接交渉したと報じられていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ