本文へ移動

【中日】福谷一発に泣く 巨人岡本和、丸に被弾し6イニング3安打3失点で降板「残念」

2021年7月7日 19時58分

このエントリーをはてなブックマークに追加
巨人・丸に2ランを打たれ渋い表情を見せる福谷

巨人・丸に2ランを打たれ渋い表情を見せる福谷

◇7日 巨人―中日(東京ドーム)
 中日の福谷浩司投手(30)は一発に泣いた。テンポの良い投球でピンチらしいピンチを招かなかったが、2被弾で6イニング3安打3失点。リードを許したまま降板し、今季5勝目はお預けとなった。
 1―0の2回、2ボールから4番・岡本和に内角の149キロ直球を捉えられ、右越え本塁打で同点とされた。さらに4回無死一塁、3番・丸に低めの147キロのツーシームを巧みにすくい上げられ、左翼スタンド最前列に飛び込む2点本塁打で勝ち越しを許した。1―3の7回の攻撃で代打を送られた。
 「リードを許した形でマウンドを降りてしまって残念です」。
 2、4回以外は走者を許さないなど、2戦ぶりのクオリティースタート(先発で6イニング以上、自責3点以下)を達成したが、自身の勝ち星にはつながらなかった。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ