本文へ移動

夏木マリ、映画と同じく湯婆婆&銭婆演じる 「ありがたい。自分の財産」 舞台「千と千尋の神隠し」

2021年7月8日 04時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
三鷹の森ジブリ美術館で会見した夏木マリ(左)と鈴木敏夫プロデューサー

三鷹の森ジブリ美術館で会見した夏木マリ(左)と鈴木敏夫プロデューサー

  • 三鷹の森ジブリ美術館で会見した夏木マリ(左)と鈴木敏夫プロデューサー
  • 夏木が演じる湯婆婆(C)2001StudioGhibli
 東宝は7日、女優の上白石萌音(23)と橋本環奈(22)のW主演で2022年に舞台化する「千と千尋の神隠し」の第2弾となる出演者を発表し、主要キャストが出そろった。アニメ映画で双子姉妹の湯婆婆(ゆばーば)・銭婆(ぜにーば)の声優を務めた夏木マリ(69)が舞台でも同役を演じることが決定した。
 来年2~3月の東京・帝国劇場から6~7月の名古屋公演まで約半年間に及ぶ長丁場となるため、主要な役はすべてWキャストで演じる。夏木とともに同役を演じるのは女優の朴璐美(49)。謎の美少年ハクは映画「天気の子」(新海誠監督)で主演声優を射止めた醍醐虎太朗(20)とミュージカル「レ・ミゼラブル」にも出演した三浦宏規(22)。作品を代表する人気キャラクター・カオナシは共にダンサーとして活躍する菅原小春(29)と辻本知彦(43)。釜爺は田口トモロヲ(63)と橋本さとし(55)。リンは共に元宝塚歌劇団の咲妃みゆ(30)と妃海風(32)という多彩な顔触れとなった。
 夏木とスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー(72)は決定を受けて東京・三鷹の森ジブリ美術館で会見。初めて同所を訪れた夏木は映画の油屋をイメージした中央ホールで「働け!働けー」と湯婆婆の声を響かせ、役との共通点を問われると「魔女です」とニンマリ。映画、舞台と同じ役で自らの代表作となることに「ありがたい。自分の財産」と喜びを隠さず、「ファンからも『湯婆婆的なところがある』と言われ、私としては“やったね”という感じ。映画以来、声の仕事が好きになって仕事の幅が広がった。アニメとは別ものなので新しい舞台として取り組みたい」と意気込んだ。
 97~98年に出演した「レ・ミゼラブル」以来となる帝劇の舞台に夏木は「帝劇のポスターで時代が変わっていくのがまざまざと見えて、私はもうご縁がないんだろうなと思っていた。こんなことが起きるんですね」としみじみ。「湯婆婆の声を入れる時に悪役でやろうとしたら、宮﨑駿監督(80)から『やめてくれ。油屋を守る、仕事を一生懸命やる感じにしてくれ』と言われた。役作りの一つが腑に落ちた気がした」と撮影の思い出も振り返った。
 鈴木プロデューサーは「知り合いの女優さんで『ぜひ湯婆婆をやらせて』と言ってきた人がいたが、夏木さんがやるからダメだと言った」と舞台裏も暴露。2人は映画から20年にわたる親交があり「初めて音を録る時に、まるで昔から知っているかのようにいきなりタメ口で夏木さんの方からしゃべりかけられ、一瞬で心をつかまれた」と出会いを回想。「夏木さんにやっていただいて映画は大成功。感謝している。舞台も頑張って」とエールを送った。
◇「過去のことは忘れよう」宮﨑駿監督は新作に集中
 「風の谷のナウシカ」の歌舞伎化(2019年)に続き今回の舞台化を許可した理由について、鈴木プロデューサーは現在、新作映画「君たちはどう生きるか」を製作中の宮﨑駿監督に代わり考えを代弁。「もう4年ぐらい作っているが、まだ続く。できていない。集中している時にいろんな話が来る。ある時期まではやめてほしいとかいろんなことを言ってきたけど『今は自分の作品に集中するため過去のことは忘れよう。そのためには何になろうとオレは構わないよ』と言っていた」と明かした。「彼は自分の映画しか興味がない。今回の許諾の条件は『僕は舞台を見に行かなくていいように』の一つだけ」と笑わせた。
 ジブリ初のフル3DCG映画「アーヤと魔女」(8月27日公開)を手がけた長男の宮崎吾朗監督(54)について鈴木プロデューサーは「一歩一歩、そんなに器用じゃないのでいろんな努力を重ねてきた。最初に比べればどんどんうまくなってきて、今度は僕が見てもビックリするぐらい良い作品に仕上がった」と絶賛した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ