本文へ移動

楽天新戦力の右腕シャーゴワはクローザー見込み 秀逸の奪三振率を米サイトが紹介

2019年12月30日 12時47分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 楽天は、ドジャースを自由契約となったJ・T・シャーゴワ投手(29)と契約。29日の米放送局CBSスポーツ(電子版)によれば、新天地では守護神の座を射止めることが期待されている。
 「直近2シーズンで21試合、計21イニング3分の1を投げ、リリーフとして防御率6・33、WHIP(イニング当たりの被安打+与四球数)1・22をマークした。たとえこの数字でも、楽天ではクローザーに据えられる見込みだ」
 米大手データサイトのファングラフスによれば、直球は平均96・1マイル(約154・6キロ)を誇る豪腕で、これに87マイル(約140キロ)前後のスライダーとチェンジアップが持ち球だ。メジャーでは通算3年間で計85試合、計76イニング3分の2を投げ、85奪三振。9イニング相当の奪三振率10・0は秀逸だが、一方で与四球率は3・8で、制球がいまひとつであることがうかがえる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ