本文へ移動

家紋のお菓子を認定商品第1号に 東氏の記念事業で郡上市

2021年7月7日 05時00分 (7月7日 11時30分更新)
東氏の入部800年などを記念する菓子「くぼし」を持つ三浦さん=郡上市大和町で

東氏の入部800年などを記念する菓子「くぼし」を持つ三浦さん=郡上市大和町で

 郡上市大和町牧で菓子工房文吉(ぶんきち)を営む三浦愛子さん(69)が、鎌倉から室町時代にかけて郡上を治めた東(とう)氏の家紋を題材にした菓子「くぼし」を発売した。市は現在、東氏の入部800年と、9代目常縁(つねより)による古今伝授550年の記念事業を進めており、この菓子が東氏にちなむ認定商品の第1号となった。 (中山道雄)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報