本文へ移動

コロナ治験、より早く 名大などシミュレーター開発

2021年7月7日 05時00分 (7月7日 05時01分更新)
 新型コロナウイルスの新薬が有効かどうかを確かめる臨床試験(治験)で、治験に必要な患者数を従来より減らすことができるコンピュータープログラム「臨床試験シミュレーター」を、名古屋大などの研究チームが開発した。治験の迅速化などに役立つ可能性があるという。 (出口有紀)
 研究チームは、名大の岩見真吾教授(数理科学)や岩波翔也助教(数理生物学)ら。成果は七日、米学術誌プロス・メディシンに掲載された。長崎大などはこのプログラムを活用し、エイズの抗ウイルス薬「ネルフィナビル」を、コロナの軽症患者向けに転用する治験を進めている。
 コロナ患者の体内のウイルス量は、発症から二日程度で最大となり、その後に減ることが分かっている。新薬の治験で体内のウイルス量が減っても、それが新薬の効果なのか、ウイルス量が減る期間が短い患者なのか、見極めが難しいケースが多い。このため治験にはさまざまな状況の患者に多く参加してもらい、データを収集する必要がある。
 開発したプログラムでは、コロナ患者三十人のウイルス量がどう変化したかを解析した詳細なデータを使用。新薬が治験で効果があるかどうかを確かめるために必要な最低限の患者数や...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

おすすめ情報

社会の新着

記事一覧