本文へ移動

貴景勝が休場、最近の力士はとにかく体が弱すぎる 稽古が足りないということだ【北の富士コラム】

2021年7月7日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2日目の逸ノ城との取り組みの後、車いすで運ばれる貴景勝

2日目の逸ノ城との取り組みの後、車いすで運ばれる貴景勝

◇6日 大相撲名古屋場所3日目(ドルフィンズアリーナ)
 貴景勝が休場した。当たりが身上の大関だけに、首や頭は多少の衝撃にはビクともしないはずだが、逸ノ城戦でよもや頸椎(けいつい)を痛めて休場するとは誰が予想しただろうか。
 立ち合いそれほど強い当たりではなかったのに、すぐに体中の力が抜けて力なく土俵を割った。脳振とうかなと思ったが、思ったより重傷のようで休場となってしまった。けがをした者に対し心ない言い方になるが、あの程度の当たりで簡単に壊れてしまうとは信じられない。
 貴景勝だけでなく、最近の力士はとにかく体が弱すぎる。かと思えば高安のように突如復帰して元気いっぱいの相撲を見せるのだから、さっぱり分からない。はっきりしているのは、今の力士はみんな稽古が足りないということだ。
 相撲が終わった後、必ず体の点検をしている。放送するアナウンサー君も大丈夫でしょうか? 
 激しい相撲を取ったのだから、どこか痛いのは当たり前である。そこへいくとさすがに白鵬は一切弱みは見せない。初日より3日目とだんだんと相撲が力強くなってくる。体のテープは多くはなったが元気だ。5日目まで待たなくても、照ノ富士と優勝を争うことになるだろう。
 照ノ富士も苦戦はしているが、少しも慌てることがない。確たる信念を持って一番一番、精魂込めて相撲を取っているのがよく分かる。そこへいくと、正代は両者の中に入って優勝を争う力も気力もない。
 今場所、私は豊昇龍に期待している。3日目もいい攻めを見せたが、足が返って自滅したのは残念だった。今場所は立ち合いの当たりが良くなってきた。前に出る相撲が多くなってきた。私は若隆景と豊昇龍に大いに期待する。優勝争いの方は、白鵬と照ノ富士に任せておけばよろしい。
 ところで少し早めに失礼したい。実は体調があまり良くないのです。どうもうなぎの食い過ぎで腹の調子が良くない。つまり便秘、ふん詰まりで腹が張って困っている。やはりバチが当たったようだ。考えてみれば、年寄りが脂っこいうなぎを3本も食ってはいけません。今場所はもう食べません。
 それでは失礼します。(元横綱)
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ