本文へ移動

【楽天】ディクソン 守護神平野を粉砕!「浮いた球を振り抜こうと」 決勝4号ソロ 連敗5で止める

2021年7月6日 22時17分

このエントリーをはてなブックマークに追加
9回無死、楽天・ディクソンは左越えに勝ち越しソロを放つ

9回無死、楽天・ディクソンは左越えに勝ち越しソロを放つ

◇6日 オリックス2―7楽天(京セラドーム大阪)
 楽天のブランドン・ディクソン内野手(29)が、連敗を5で止める千金弾だ。同点の9回、先頭のディクソンがオリックスの守護神・平野佳のフォークを振り抜くと、打球は軽々と左翼席へ。決勝弾となった。
 「浮いた球を振り抜こうと思っていた。勝ちが欲しい試合で勢いをつけることができてよかった」。ディクソンの一発を皮切りに打者9人の猛攻。平野佳を引きずり降ろし、一挙5得点で勝負を決めた。
 石井監督の打線組み替えが実った。1番の小深田を7番に下げ、2番から5番の打順をひとつずつ上げた。指揮官は「そんなに意味はないんですけど、『案ずるより産むが易し』です」とニンマリ。2016年の西武時代以来、5年ぶりに2番に入った浅村が8号同点弾。新4番・岡島は猛打賞で3打点。打線がかみ合い、3位に浮上した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ