本文へ移動

【楽天】新4番・岡島豪郎が5連敗の流れを変える先制二塁打「チームが勝てるように」

2021年7月6日 18時51分

このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天・岡島

楽天・岡島

◇6日 オリックス―楽天(京セラドーム大阪)
 楽天の4番・岡島豪郎外野手(31)が1回2死一塁で、オリックスの先発・本田から右翼フェンス直撃の先制適時二塁打。5連敗中の楽天の流れを変える一打になりそうだ。
 「打ったのはストレート。打てて良かったです。チームが勝てるように、まずはランナーをかえせて良かったです」
 石井監督はこの日、打線を組み替え。1番を打っていた小深田を7番に下げ、2番から5番をひとつずつ繰り上げた。5番が定位置だった岡島が4番の重責を担い、役割を果たした。
 今季は規定打席に満たないが、打率3割3分を維持。数試合で規定に達し、吉田正と首位打者を争うほどの高打率だ。「うちは経験ある選手は元気がいい」とレギュラー陣に信頼を置く石井監督の期待に見事応えた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ