本文へ移動

エンゼルス大谷翔平がキャンプイン…アストロズのサイン盗みのうわさ耳にしていた「入団した時からずっと」

2020年2月13日 12時55分

このエントリーをはてなブックマークに追加
キャンプでキャッチボールをする大谷(AP)

キャンプでキャッチボールをする大谷(AP)

 エンゼルスは12日、アリゾナ州テンピでバッテリー陣がキャンプイン。多くの選手が2017、18年にアストロズがサイン盗みをしていたことについて報道陣からコメントを求められ、大谷翔平投手(25)も新人王を獲得した18年にサイン盗みのうわさを耳にしていたと明かした。米放送局FSWなどが報じた。
 「入ったときからずっと言われていた。癖もそうだし、そういうことに関してはしっかり対策というか、サインもそう。ブロックサインをしたりとか、そういうのもきっちりしようとは言っていた」
 主戦左腕アンドルー・ヒーニー(28)は、アストロズの面々について「誰も止めようと言い出さなかったのは最低だ。全員がクソみたいな気分だよ。今のあいつらにはクソみたいな気分でいてほしいな」と一刀両断。右腕ノエ・ラミレス(30)も「被害者面をしているのが気にくわない。きっとヒューストン(アストロズ)にはバチが当たる」と息巻いた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ