本文へ移動

黛敏郎の「秘曲」に光 ピアニスト江崎昭汰さん演奏のCDが話題

2021年7月6日 16時00分 (7月6日 17時54分更新)
「黛敏郎の秘曲」のCDジャケット

「黛敏郎の秘曲」のCDジャケット

  • 「黛敏郎の秘曲」のCDジャケット
  • 黛作品のCDを出した江崎さん
 戦後の日本のクラシック音楽界を代表する作曲家黛(まゆずみ)敏郎(1929〜97年)の知られざる傑作を、ピアニスト江崎昭汰(しょうた)さん(29)の演奏でよみがえらせたCD「黛敏郎の秘曲」(スリーシェルズ)が、話題を呼んでいる。10代の頃の初期作品から、幻の「黛チャイム」と呼ばれる新幹線の放送メロディー、未完の遺作まで価値ある7曲を収録。一部は自らピアノ編曲もした江崎さんは「黛しか書かない曲、黛にしては意外な曲など、珍しい作品ばかり。彼の多彩な才能を楽しんでほしい」と話している。 (清水祐樹)
 民放のテレビ番組「題名のない音楽会」の初代司会者として、お茶の間でも人気を集めた黛。「涅槃(ねはん)交響曲」や「曼荼羅(まんだら)交響曲」、オペラ「金閣寺」、バレエ音楽「BUGAKU」といった名作を手掛けたほか、雅楽など日本の伝統音楽にも造詣が深く、保守派の論客としても知られた。
 今回の収録曲はもともと、江崎さんが演奏会向けに用意していたもの。コロナ禍で無観客公演の録音となり、CDはチケット購入者に配る予定だったが、反響が大きかったため、一般販売することになった。
 最大の目玉は一九八七年作の「ウ...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

文化の新着

記事一覧