本文へ移動

イチローさんの始球式を米ゴルフ誌も歓迎!?「好きにならずにはいられない」サイン盗みの“あの球団”と比較

2020年2月21日 14時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
春季キャンプに参加しているイチローさん(AP)

春季キャンプに参加しているイチローさん(AP)

 マリナーズは20日、昨年3月に現役引退したイチロー会長付特別補佐兼インストラクター(46)が、3月26日(日本時間27日)に地元シアトルの本拠地Tモバイル・パークでレンジャーズが相手の開幕戦で始球式を行うと発表。米メディアも、これを歓迎した。
 地元放送局KIRO(電子版)は開幕戦のチケットを販売するアドレスを添付し、「イチローは日本を離れて大リーグに来ても唯一無二の存在だった。野球史でも最重要人物の一人。候補資格1年目の2025年に米野球殿堂入りが確実視されている」と持ち上げた。
 「春季キャンプでイチローがフリー打撃で投球するのを見ることは、野球への信頼を回復してくれる」とは、ゴルフ・ダイジェスト誌(同)。イチローのツイッター投球動画を添付し、「シンプルで純真だ。『Astr*s』じゃない。好きにならずにはいられない」。サイン盗みしたアストロズ(Astros)は野球への信頼を失墜させ、17年ワールドシリーズ優勝は注釈を意味するアスタリスク(*)付きと皮肉りつつ報じた。
 また、地元紙シアトルPI(同)は「マリナーズのレジェンド、イチローが2020年シーズンの開幕戦でグラウンドに立つ。でも、実際にプレーするわけではないですよ」。さらに、実績として「日米通算4367安打は歴代最多記録」「メジャー新人だった2001年は新人王とリーグMVPをダブル受賞。ゴールドグラブ賞10度」などを紹介した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ