本文へ移動

女子スケボー 龍谷富山高で壮行会 中山選手「自分の滑りを」

2021年7月6日 05時00分 (7月6日 05時02分更新)
花束を受け取る中山楓奈選手(右)=富山市の龍谷富山高で

花束を受け取る中山楓奈選手(右)=富山市の龍谷富山高で

五輪 郷土の応援を背に

 東京五輪スケートボード女子で日本代表に内定している中山楓奈(ふうな)選手(16)=富山市=の壮行会が五日、母校の龍谷富山高校(同市)で行われ、健闘に向け全校生徒がエールを送った。
 壮行会には生徒約二百七十人が出席。斉藤保志校長が「五輪に出場できる誇りを胸に、思う存分に力を発揮して」と激励した。同級生たちは、「前進」「挑戦」などの花言葉があるガーベラの花束と、千羽鶴を送った。
 中山選手は「五輪まで練習を頑張りたい。自分の滑りができるよう、これからも応援をよろしくお願いします」と話した。
 その後、中山選手は県庁に表敬訪問した。新田八朗知事から激励の言葉を送られると、中山選手は「自分のやりたい演技を成功させることが目標です」と抱負を語った。
 今後は新潟で事前合宿を行う。中山選手が出場する「女子ストリート」は二十六日に予選と決勝が行われる。 (山岸弓華)

関連キーワード

おすすめ情報