本文へ移動

【大相撲】貴景勝 膝から土俵下へ崩れ落ち右肩か首を負傷か…50秒動けず 車いすで引き揚げ

2021年7月5日 20時51分

このエントリーをはてなブックマークに追加
逸ノ城との取り組みの後車いすで運ばれる貴景勝

逸ノ城との取り組みの後車いすで運ばれる貴景勝

◇5日 大相撲名古屋場所2日目(ドルフィンズアリーナ)
 貴景勝は逸ノ城に寄り切られ、初黒星を喫した。逸ノ城に寄り切られた貴景勝が膝から崩れるように土俵下へ落ちたまま動けなくなった。右肩か首のあたりを痛めたとみられ、土俵に寄りかかかったまま約50秒。立ち上がると車いすで引き揚げて、病院で検査を受けた。
 昨年秋場所11日目の宝富士戦でも、右腕がけいれんし起き上がれなくなったが、翌日からも出場していた。先場所は照ノ富士との決定戦に敗れたが、12勝3敗。今場所の綱とりについて、伊勢ケ浜審判部長(元横綱旭富士)は初日に「レベルの高い優勝、全勝優勝くらいの。そうすれば自然とそういう声も出て来るんじゃないの」と話していた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ