本文へ移動

大谷翔平31号でベーブ・ルース、バリー・ボンズら“レジェンド”に並ぶ 左打者でオールスター前の到達はメジャー史上10人目

2021年7月5日 13時54分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大谷翔平(AP)

大谷翔平(AP)

◇4日(日本時間5日)MLB エンゼルス6―5オリオールズ(アナハイム)
 エンゼルスの大谷翔平選手(26)が、本拠地でのオリオールズ戦に「2番・指名打者」で出場。3回の第2打席で中越えの特大ソロを放ち、今季の本塁打数は2位に4本差をつけて両リーグトップを独走する31本となった。
 MLB公式サイトによると、左打者でオールスター前に31本塁打に到達したのはメジャー史上10人目。これまでにはベーブ・ルースをはじめ、ケン・グリフィー・ジュニア、バリー・ボンズら名だたる強打者の仲間入りを果たした。またオールスター前での「31本塁打以上かつ12盗塁以上」はア・リーグ史上初の快挙となった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ