本文へ移動

筒香にマエケン先輩の"洗礼"?予告チェンジアップに「待っていたから,真っすぐに手が出なかった」

2020年3月2日 15時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ツインズの前田健太(左)とレイズの筒香嘉智

ツインズの前田健太(左)とレイズの筒香嘉智

 メジャーの先輩の“歓迎ぶり”に、苦笑いした。大リーグ挑戦1年目、レイズの筒香嘉智外野手(28)は1日、フロリダ州ポートシャーロットでツインズ戦に「2番・左翼」で先発出場。同5年目となる前田健太投手(31)との直接対決は2打席で左飛と右飛に倒れたが、初球は前田からチェンジアップを投げると予告されていたにもかかわらず、直球を投げ込まれた。
 「チェンジアップを待っていたから、真っすぐに手が出なかった」。米ネットラジオ局のレイズラジオによれば、筒香は笑いながら明かした。試合前は先輩にあいさつし、談笑。レイズの公式ツイッターは2人が握手する写真を添付し、日本語で「こんにちは」とツイート。筒香は「『近々また食事に行ったときに、いろいろ話をしよう』と言ってもらいました」と明かした。
 米メディアからは「日本の報道陣があまりに多く、集中しにくい部分もあるのでは」と聞かれても「いや、全然」と、どこ吹く風だった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ