本文へ移動

大谷翔平31号、松井秀喜に並ぶ日本人最多を前半戦で達成! 7月5日の27歳バースデー前祝い弾

2021年7月5日 10時11分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3回に31号ソロを放ったエンゼルス・大谷(AP)

3回に31号ソロを放ったエンゼルス・大谷(AP)

◇4日(日本時間5日)MLBエンゼルス6―5オリオールズ(アナハイム)
 エンゼルスの大谷翔平選手(26)は「2番・DH」で出場。2点りーどした3回1死の第2打席で、バックスクリーンへ31号のソロ本塁打を放った。2004年に松井秀喜が放った日本選手の最多本塁打記録に並んだ。試合は9回、エンゼルスがサヨナラ勝ちし、4連勝となった。
 7月5日に27歳を迎える大谷。スタンドのファンが「ハッピーバースデー」のボードを掲げる中、低めの変化球をとらえた打球はセンターへ。オーバーフェンスを確信した大谷はゆっくり打球を目で追い、ダイヤモンドを一周した。前日は3四球と悔しい思いをしたがその鬱憤(うっぷん)を晴らす一撃だった。
 1回の第1打席、5回の第3打席はともに空振り三振、7回はセンターフライ。9回は打席が回るまえに勝負がついた。
 この日、オールスター(13日・デンバー)に出場する選手が発表された。すでにDHでの出場が決まっている大谷は投手での出場も決定。二刀流が全米を席巻することになりそうだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ