本文へ移動

1杯の水で生息種を確認 愛知川でアユ遡上など調査

2021年7月5日 05時01分 (7月5日 05時03分更新)
生物の生息調査で採水するコップを手に村山組合長と談笑する山中センター長(左)=東近江市永源寺相谷町で

生物の生息調査で採水するコップを手に村山組合長と談笑する山中センター長(左)=東近江市永源寺相谷町で

 龍谷大生物多様性科学研究センター(大津市)の山中裕樹センター長が、東近江市内を流れる愛知川で、魚類の生息状況を調査している。調査に使うのは、地元住民にくみ取ってもらったコップ1杯の水。水中に含まれる魚類の細胞をDNA分析して種を特定する手法で「データを活用すれば、川の保全や漁場管理の議論をより具体的にできる」と話す。
 山中さんは水や大気、土などの試料から生物のDNAを抽出して生息状況を明らかにする「環境DNA分析」の第一人者。水の場合、魚類の表面からはがれた粘液細胞や、ふんに混ざった腸の細胞を取り出し、専用の装置でDNAの配列を読み取ることで、一万種弱まで特定できる。
 この手法は目視や捕獲が難しかったり、食用にならず十分に調査できなかったりする生物まで低コスト、高感度で広域的に確認できる。
 日ごろから試料を採取して冷凍保存し、平時の生息状況を把握しておけば、重油流出など水質環境が激変する事故の際に「原状回復」の目安になる。
 山中さんは二〇〇九年に共同研究を始め、自身の研究室では一五年から琵琶湖や内湖、流入河川の採水、分析を続けている。今回は一部で表面に水が流れなくなる「瀬切れ」が生じ...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

滋賀の新着

記事一覧