本文へ移動

巨人・炭谷銀仁朗が楽天にトレード 交換要員はなし 原監督「私と炭谷本人、球団でよく話し合った上で…」

2021年7月4日 19時21分

このエントリーをはてなブックマークに追加
炭谷銀仁朗捕手

炭谷銀仁朗捕手

 巨人と楽天は4日、巨人・炭谷銀仁朗捕手(33)が楽天へトレードすることで合意したと発表した。交換要員はいない。炭谷は5日に入団会見を行う。
 楽天が実績のある捕手として炭谷に白羽の矢を立てたようで、この日までにまとまった。炭谷は今季、ここまで44試合に出場し、打率1割8分8厘、1本塁打、7打点の成績。この日に出場選手登録を抹消されていた。
 炭谷は京都の平安高から高校生ドラフト1巡目で2006年に西武入り。18年オフに海外FA権を行使し、19年から巨人に在籍していた。
 炭谷は「ジャイアンツに来て2年半、ジャイアンツのユニホームを着てみんなと戦えたこと、首脳陣のみなさんに指導してもらったことは私にとって宝物です。今まであたたかい声援をおくっていただいたファンのみなさんにも感謝しています。ジャイアンツで培ったことをいかして、日本シリーズでジャイアンツと戦えるよう頑張ります」と、原辰徳監督(62)は「私と炭谷本人、球団でよく話し合った上で、このような選択になりました。巨人軍で得た経験を、これからの野球人生に生かして、野球人としてさらに飛躍してほしいと思います」と、ともに球団を通じてコメントした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ