本文へ移動

メジャートップ30発の大谷翔平は勝負してもらえない!? 第1打席四球、第2打席は申告敬遠

2021年7月4日 11時50分

このエントリーをはてなブックマークに追加
エンゼルス・大谷(AP)

エンゼルス・大谷(AP)

◇3日(日本時間4日)MLB エンゼルスーオリオールズ(アナハイム)
 エンゼルスの大谷翔平選手はオリオールズ戦に「2番指名打者」でスタメン出場。相手の先発は右腕ロペスで、第1打席は無死一塁の場面だった。
 第1打席から球場のボルテージは最高潮を迎え、大谷はゆっくり打席へ。3ボールからストライクを取りにきた球をフルスイングしたが、空振り。続く5球目は見逃しフルカウントとなり、最後は内角を見極めて四球で歩いた。
 第2打席は2死三塁から申告敬遠。エンゼルスタジアムは大ブーイングに包まれた。前日はマルチ本塁打でメジャー一番乗りとなる30号に到達。日本人選手として、ヤンキースに在籍していた松井秀喜以来となるシーズン30発の大台に乗せた。2戦連発の31号となれば、04年のゴジラと並び、日本人野手でシーズン最多タイとなる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ