本文へ移動

スポーツ、遊び 天候問わず 入善「わくわくドーム」完成

2021年7月4日 05時00分 (7月4日 11時15分更新)
こどもの国の大型複合遊具で遊ぶ子どもたち=入善町中央公園わくわくドームで

こどもの国の大型複合遊具で遊ぶ子どもたち=入善町中央公園わくわくドームで

  • こどもの国の大型複合遊具で遊ぶ子どもたち=入善町中央公園わくわくドームで
  • 佐藤弘道さん(左端)の体操教室で楽しく体を動かす親子=入善町中央公園わくわくドームで
  • テープカットをする笹島春人町長(左から8人目)、新田八朗知事(同7人目)や子どもたち=入善町中央公園わくわくドームで
 入善町中央公園屋内多目的施設「わくわくドーム」の竣工(しゅんこう)式が三日、同施設であった。屋内スポーツの場、天候を問わない子どもたちの遊び場として利用される。四日から一般利用を受け付ける。
 施設は鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造平屋建てで延べ床面積は千八百三十五平方メートル。二〇一九年度から建設事業に着手した。設計、設備も含めた総事業費は約五億八千万円。
 メインの多目的室は人工芝張り。テニス、フットサル、ゲートボールに使える。同じく人工芝張りの子どもの遊び場「こどもの国」には滑り台や網床などを備えた大型複合遊具やボルダリング用の壁を設置した。こどもの国テラスはゴムチップ舗装。安全に子どもたちが駆け回れる。
 施設の屋根は採光性が高い東京ドームと同じ材質のシートを使用。入り口やこどもの国には、立体的に見えて、“インスタ映え”する「だまし絵」を置いた。
 式では笹島春人町長が「子どもの声が響き合うまちづくりは政治信条。その核となる施設ができた。町内外の多くの人に利用してもらいたい」と式辞。新田八朗知事や町内の子どもたちとテープカットをした。
 完成記念の「にゅうぜん親子フェスタ」ではNHK番組「おかあさんといっしょ」で人気だった体操インストラクター、タレントの佐藤弘道さんの体操教室が午前、午後にそれぞれ開かれ、町内の親子が楽しく体を動かした。
 有料の多目的室利用は事前予約制。無料のこどもの国、こどもの国テラスは予約不要だが、コロナ対策のため、ある程度混み合うと入場制限する場合がある。月曜休館。 (松本芳孝)

関連キーワード

おすすめ情報