本文へ移動

大谷翔平、2打席連発30号は「ファンのおかげ」 サヨナラ生還後のヒーローが口にしたのは周囲への感謝

2021年7月3日 14時32分

このエントリーをはてなブックマークに追加
9回、サヨナラのホームを踏み、ナインと喜ぶエンゼルス・大谷(AP)

9回、サヨナラのホームを踏み、ナインと喜ぶエンゼルス・大谷(AP)

◇2日(日本時間3日)MLB エンゼルス8―7オリオールズ(アナハイム)
 エンゼルスの大谷翔平(26)は「2番・指名打者」でスタメン出場し、3、4回に2打席連続アーチ。今季30本塁打とし、この日27号を放ったゲレロ(ブルージェイズ)に、キング争いで3本差をつけた。7―7と同点の9回は四球での出塁から二盗を決め、今季12盗塁は2018年と並ぶメジャー自己最多。これがサヨナラの生還に直結した。4打数2安打、3打点、3得点、1四球、1盗塁。
 試合後、大谷は中継局BSウエストのヒーローインタビューを受けた。
 ―2試合連続で逆転勝利を収めた原動力は
 「前回は僕が打たれてしまったので、みんなが取り返してくれて、きょうは何とか自分が取り返したいな、という気持ちでいった」
 ―ホームランの量産態勢に入っている原動力は
 「きょうはファンの人にすごくいっぱい入ってもらって、すごく気持ち良く打席に入れたので、そのおかげかなと思う」
 ―(指名打者で先発が決まった)大リーグのオールスターという称号を得た意味は
 「やっぱり特別な選手の証しというか、すごく興奮しているし、本当に多くの人に投票してもらって感謝しています」

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ