本文へ移動

「本物は本物を知る」オリックス・イチロー選手がマイケル・ジョーダン氏を訪問した動画を紹介 “神様”からのMLBへの誘いに20歳の若き天才は…

2020年5月5日 10時22分

このエントリーをはてなブックマークに追加
オリックス時代のイチロー選手=1995年

オリックス時代のイチロー選手=1995年

マリナーズ公式ツイッターで

 マリナーズ公式ツイッターは4日、1995年12月にオリックス時代のイチロー外野手が“バスケットボールの神様”マイケル・ジョーダン氏(57)=元ブルズなど、現ホーネッツ筆頭オーナー=を訪問した動画を添付し、「本物は本物を知る」とつぶやいた。
 当時20歳のイチローはテレビ番組の企画でシカゴを訪問。ジョーダン氏と対面すると、手で顔を覆い「おおーっ」と感動。(94年に)日本プロ野球で210安打をマークしたとその場で知らされた“神様”から「米国に来てプレーしないのかい?」と振られると、まだあどけなさが残る青年は、照れつつ「腕が(ジョーダン氏のように)3倍になったら来ますよ」と答え、笑い合った。
 “神様”はNBAをいったん引退後、93~94年はホワイトソックスのマイナーでプレーし、大リーグを目指した。一方の安打製造機は2001年に言葉通り海を渡り、いきなり首位打者と新人王、MVPに輝いた。メジャー通算3089安打を積み上げ、19年3月に引退。46歳の現在は、マリナーズの会長付特別補佐を務めている。
 米スポーツ専門局ESPNは、ジョーダン氏が98年にブルズを2度目のNBAファイナル3連覇に導いたシーズンを描いたドキュメンタリー番組「ザ・ラストダンス」を放映中で、大きな話題になっている。これを受け、最近の米メディアはこぞって同氏にちなんだエピソードを掘り返している。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ