本文へ移動

新型コロナで30歳のアスレチックス元マイナー選手が死去 夫人が訴え「ステイホームし家族を守って!」

2020年5月2日 16時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
アスレチックスの公式ツイッターから

アスレチックスの公式ツイッターから

 アスレチックスのミゲル・マルテ元捕手兼一塁手が、今週に新型コロナウイルスによる合併症で死去したことが1日、分かった。30歳だった。

 同日のアスレチックス公式ツイッターは「元マイナーリーガー、ミゲル・マルテの喪失を悼みます。ご家族やご友人の心中を察するとともに、ご冥福をお祈りします」とつづった。チームは遺族を支援するオンライン基金「gofundme」に1000ドル(約10万7000円)を寄付し、公式ツイッターにアドレスを添付した。
 双子の子どもとともに遺族となったジャスミン夫人は、同基金サイトで「ミゲルの思い出のために、自分たちを大事にしなければなりません。彼の思い出をたたえるためにも、どうぞ安全でいてください! ステイホームし、あなたの家族を守ってください」と語り掛けた。
 マルテ選手はドミニカ共和国出身で、2008~12年にマイナーでプレー。通算5年間で227試合に出場し、打率2割5分1厘、16本塁打、117打点。12年はルーキー級からショートシーズンAに昇格していた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ