本文へ移動

波紋広がるピート・ローズ氏のコルクバット疑惑 「犯した禁止事項は野球賭博だけではなかったのか…」

2020年5月6日 16時07分

このエントリーをはてなブックマークに追加
現役時代のピート・ローズ氏(AP)

現役時代のピート・ローズ氏(AP)

 通算4256安打のメジャー記録を保持するピート・ローズ氏(79)=元レッズなど=は、現役時代にコルクバットを使用した疑惑が再び報じられ、その波紋は広がるばかりだ。
 米大手ニュースサイトのNJドットコムは「安打記録は詐欺だったのか」の見出しで「ローズが犯した禁止事項は賭博だけではなかったのだろうか」と報じた。
 米スポーツ専門局ESPNは「コルクバット疑惑はローズのキャリアのさらなる汚点になるか」と題して討論。トニー・コーンハイザー解説者が「野球賭博をしたことにより、球史で最も自分自身にダメージを与えた選手だが、それに比べればコルクバットはまだ許せる範囲の不正行為だ」と語った一方、マイケル・ウィルボン・アナリストは「問題は、コルクバットを使わなければ何本ヒットを打っていたかだ」と語った。
 米ニュースサイトのデッドスピンは2010年、ローズ氏が使用したバットのエックス線写真を撮り、コルクが写っていたと報道。ローズ氏は04年、コルクバット疑惑について「バットを検査すればいい。何も見つからんよ。証拠があるなら持って来い」と語っていたが、デッドスピンの報道には無言を貫いている。
 ローズ氏は1989年、野球賭博により球界を永久追放。04年、自身が一貫して否定していた野球賭博を認めた後、15年は現在もギャンブルを続けていると明かした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ