本文へ移動

大谷翔平「投げてほしいと言われれば投げると思う」ベーブ・ルースも経験がない”球宴での二刀流”に前向き

2021年7月3日 10時21分

このエントリーをはてなブックマークに追加
キャッチボールするエンゼルス・大谷(共同)

キャッチボールするエンゼルス・大谷(共同)

 【アナハイム共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平(26)は2日、打者で初選出を果たしたオールスター戦(13日・デンバー)で、投打の「二刀流」でプレーすることに「できないなと思うことはない。投げてほしいと言われれば投げると思う」と前向きな姿勢を示した。
 1日のオールスター戦のファン投票の最終結果でア・リーグ指名打者(DH)部門1位となり、先発出場は決まった。ベーブ・ルースも経験がない球宴での二刀流の実現が注目される中「DHでの選出なので、そこで投げることが適切なのかどうかというのは正直分からない。言われたところで精いっぱい頑張りたい」とも語った。
 投手は選手間投票などで選ばれ、4日(日本時間5日)に発表される。アの指揮を執るレイズのケビン・キャッシュ監督はその後、大谷の希望などを踏まえ、判断するとしている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ