本文へ移動

元カープの西田監督「いい試合だった」9回決勝打でセガサミー2回戦へ【社会人野球日本選手権】

2021年7月2日 19時52分

このエントリーをはてなブックマークに追加
セガサミーの西田監督(左)

セガサミーの西田監督(左)

 社会人野球の日本選手権第4日は2日、ほっともっとフィールド神戸で1回戦3試合を行い、セガサミー(関東・東京)が6―5でNTT西日本(近畿・大阪)に競り勝ち、2回戦へ進んだ。
 セガサミーは3回の沢良木、北阪の連続本塁打などで序盤にリードし、2番手の横山が6回の先頭から5者連続三振を奪うなど好救援。2点リードの8回に野手が足を滑らせる不運な適時三塁打などで追い付かれたが、9回2死三塁で根岸が決勝の右前打を放った。
 プロの広島で活躍した西田真二監督(60)は「横山はいい投球だったし、最後は根岸がよく打ってくれた。(延長戦になって)タイブレークで先攻はあれ(不利)なんでね。いい試合だったと思う」と満足そうに振り返った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ